Event is FINISHED

「壮大な構想」を描く・形にする・広げる力——大河ドラマプロデューサー、映画解説者、移動映画館仕掛け人と考える(家冨未央×中井圭×教来石小織)

Description

ひとりの夢を、みんなの夢中に。


世界中の子どもたちに映画体験を届けるという壮大な夢を描く映画配達人。
長大な作品構想を大所帯のなかで形にしてきたNHK大河ドラマプロデューサー。
「無関心が関心に変わる場」を仕掛ける異色の映画解説者。

3人とともに、壮大な構想を「描く」「形にする」「広げる」力を考える。

-----
~こんな方におすすめ~
・まだ形にならないが、何か情熱を抱いている方
・本当は大きな構想を持っているが、それを表明して動き出すことに抵抗があり悶々としている方
・誰かの大きな構想を応援していて、それを形にし、広げる力を強めたい方
・ドラマや映画が好きで、それらが人を動かす力を信じている人
-----

「世界中の子どもたちに映画を届けたい」

World Theater Project代表・教来石小織さんひとりの想いから始まったこの「構想」は、カンボジアをはじめとする途上国での移動映画館となり、映画を届けた子どもたちは延べ7万人以上に。
そんな教来石さんが活動における葛藤・可能性と真摯に向き合って綴ってきた連載「映画で貧困は救えるか」はいよいよ最終回を迎え、このたびフィナーレとなるトークイベントを開催いたします。

たった一人が思い描いた構想は、いかにしてみんなを夢中にさせる現実へと変わるのか?
今回は、教来石さんの他に二人のスペシャルゲストをお招きして、壮大な構想を「描く」「形にする」「広げる」力を探ります。

お一人目のゲストは、『平清盛』『八重の桜』『真田丸』『いだてん~東京オリムピック噺~』など数々のNHK大河ドラマをプロデュースしてきた家冨未央さん。放送まで4年の歳月をかける準備や、一斉に動かす人数が150人を超える大所帯という巨大なスケールの構想を、スケジューラー・脚本担当・助監督などの様々な役割をこなしながらまとめてこられました。現場の様々な制限があるなかで、監督の壮大な構想にどのように寄り添い、形にしてきたのか...その秘訣を語っていただきます。

そしてもう一人のゲストは、WOWOWの映画情報番組『映画工房』への出演をはじめ、映画評の執筆、イベント登壇など幅広く活動する映画解説者の中井圭さん。中井さんは映画人口を増やすために、無料上映プロジェクト「ナカメキノ」の企画運営を行い、発信力のある人たちを巻き込んだ映画紹介プロジェクト「映画の天才」の代表も務められています。また、事前に参加者に講師もテーマも伝えない授業を届けるユニークなプロジェクトとして注目される「偶然の学校」の代表として、「無関心が関心に変わる場」を作られている中井さんに、構想をより多くの人々に広げるための知恵を伺いたいと思います。

お三方ともが「映像」と関わられていることを切り口に、「映像が人々を動かす力」についても感じられる時間にできればと思います。
みなさんが密かに胸に秘めている構想が動き出し、実現に向かう...そのためのヒントと出合える場に、ぜひご参加ください!


【タイムテーブル】


18:40~ 開場
19:00~ 開会
 ●連載「映画で貧困は救えるか」著者・教来石小織さんからの活動紹介
 ●鼎談:家冨未央(NHK大河ドラマプロデューサー)×中井圭(映画解説者)×教来石小織(World Theater Project代表)
  ・壮大な構想を描く・形にする・広げる力
  ・映像が人々を動かす力
  ・参加者も交えた対話
21:00  閉会

=====以下ご希望者のみ=====

21:00~21:20 著書販売&サイン会
21:20~21:30 懇親会会場へ移動(同じビルのB1F)
21:30~22:30 懇親会
※懇親会は参加希望者のみとなります。お飲み物とお食事を用意しております。参加を希望される方は、申し込み時に懇親会付のチケット(枚数限定・先着順)をお選びください。


【ゲストプロフィール】


家冨未央(いえとみ みお)

東京都出身。国際基督教大学を2006年に卒業後、NHKに入社。札幌局の4年を経てドラマ番組部に所属。朝ドラ「おひさま」(2011)や、「平清盛」(2012)、「八重の桜」(2013)、「真田丸」(2016)など大河ドラマの他、「悦ちゃん」(2017)やWEBドラマなど数々のドラマ制作に携わる。現在は大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」を担当。5歳の男児の母親でもある。

中井圭(なかい けい)

映画解説者。1977年生まれ。関西大学卒業。NEC入社後、BIGLOBEに勤務しながら、映画解説者として活動。雑誌やWEBで映画評を執筆しながら、映画紹介プロジェクト「映画の天才」や才能育成プロジェクト「偶然の学校」の代表を務める。無料上映プロジェクト「ナカメキノ」を企画運営し、WOWOWの映画情報番組「映画工房」や「ぷらすと」への出演や映画祭審査員、映画トークイベントに登壇するなど、幅広く活動中。

教来石小織(きょうらいせき さおり)

NPO法人World Theater Project代表。日本大学芸術学部映画学科卒業。2012年より途上国の子どもたちへの移動映画館活動を開始。カンボジアをはじめとした世界各国7万人以上の子どもたちに映画を届けてきた。俳優・斎藤工氏の呼びかけで製作した世界中どこででも上映できる権利フリーのクレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』(監督:秦俊子)は、世界各国の映画祭で高く評価され、「2018年度グッドデザイン賞」を受賞。日本武道館で行われた「みんなの夢AWARD5」優勝。第32回人間力大賞文部科学大臣賞受賞。著書に『ゆめの はいたつにん』(センジュ出版)。


【イベント概要】


●日時:2019年7月16日(火)19:00~21:00
※18:40:開場・受付開始 21:30~22:30:懇親会(希望者のみ)
●会場:EIJI PRESS Lab(東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル5F)
JR山手線 恵比寿駅 西口/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩3分
●アクセスマップ:http://www.eijipress.co.jp/lab/access.php
※写真付きの道順ご案内はこちらをご覧ください。
●参加費:
①トークイベントのみ:3,000円(税込)
②トークイベント+懇親会:5,000円(税込)※枚数限定・先着順


【連載紹介】


本イベントは、英治出版オンラインにおける教来石小織さんの連載「映画で貧困は救えるか――『途上国×移動映画館』で感じた葛藤と可能性」における学びをより深めるために企画されました。※お読みでない方もお楽しみいただけます。



途上国の子どもたち向けに移動映画館を展開する著者。カンボジアをはじめとした世界各国5万人以上に映画を届けてきた実績とは裏腹に、活動の存在意義を自問自答する日々。食糧やワクチンを届けるべきではないのか? 映画を届けたいのは自分のエゴではないのか? 映画は世界を変えられるのか? 本連載では、「映画で貧困は救えるか」をひとつの象徴的な問いとして、類を見ない活動をするNPO経営のなかで感じる様々な葛藤や可能性と真摯に向き合っていく。

※連載記事一覧はこちらから。


【注意事項】


●イベントの様子を撮影し、SNS等で紹介する予定です。写真撮影がNGの方は事前にスタッフにお知らせください。
●キャンセルポリシー:イベント日から起算して、以下のキャンセル料を申し受けます。
前日23:59までのキャンセル依頼のご連絡:無料
当日キャンセル・ご連絡がない場合:100%
※キャンセル方法はこちらをご確認ください。
※peatixの規定により、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生します。
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合
※自然災害などやむを得ない事情で開催が中止となった場合、参加費は全額返金いたします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#453378 2019-07-12 10:38:48
Tue Jul 16, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
EIJI PRESS Lab(ピトレスクビル5F:英治出版)
Tickets
イベント参加チケット SOLD OUT ¥3,000
【枚数限定・先着順!】イベント+懇親会参加チケット SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 Japan
Organizer
英治出版株式会社
1,871 Followers